(宗教法人)

  日本福音ルーテル広島教会

  ようこそ。(宗)日本福音ルーテル広島教会へ
  宗教改革者M.ルターの信仰を継ぐルター派キリスト教会
 「聖書のみ」「恵みのみ」「信仰のみ」

教会のご紹介

沿  革

教会のホームページへようこそ!

ルーテル教会は宗教改革者マルティン・ルターの流れをくむプロテスタント教会です。

老若男女が喜びをもって毎週日曜の主日礼拝(10:45~12:00)に
集まります。また平日も、教会の扉は日中開放していますので、どなたでも静かに祈ることが出来る礼拝堂です。どうぞお気軽にお越し下さい。お待ちしております。

 〒730-0045 広島市中区鶴見町2-12 ルーテル平和大通りビル3F
電話:082-241-3695 FAX:082-241-3715

礼拝のライブ配信

  ル ーテル広島教会では、礼拝をライブ配信しています。
 毎週日曜日主日礼拝 10:45~ 
 月曜~金曜(朝礼拝)8:40~ 立野牧師Facebookでライブ中継

Peace Boulevardの十字架

 教会ブログ・日常の活動を毎日更新しています!

2022年11月20日礼拝の様子2分7秒

こども祝福礼拝・るうてる食堂の様子です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

2022年10月2日礼拝の様子2分7秒

私たちの礼拝の様子です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

礼拝の様子(こどもアコライト)2分51秒

私たちの礼拝の様子です。どうぞご覧ください。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

2022年9月11日の礼拝 1分39秒

平和を祈りつつ、礼拝を行いました。
礼拝の最後に教会の鐘の音が聞けます。

ルーテル教会とは

1517年にマルティン・ルターの宗教改革によりドイツで誕生したルーテル教会は、全世界に広がりを持つプロテスタント教会です。2017年には宗教改革500周年を迎えました。
マルティン・ルターの宗教改革は当時の16世紀のローマ・カトリック教会が正しい福音信仰に立ち戻ることを聖書に基づいて訴えたものでした。
神がイエス・ キリストの十字架と復活によってのみ、私たち人間の罪を赦し、人間はイエス・キリストにおいて示された神の恵に基づいて生かされていくことを強調した教えでありました。
ここから、ルターの有名な言葉「聖書のみ、恵みのみ、信仰のみ」 という、宗教改革の三大原理が生まれました。
日本での最初の礼拝は、1893年の復活祭(イースター)にアメリカの南部一致シノッドから派遣された宣教師シエラーとピーリーにより、九州の佐賀で行われました。これが日本でのルーテル教会の伝道の始まりです。
日本福音ルーテル広島教会は1928年(昭和3年)に設立され、今年93年目を迎えます。

広島教会の沿革

広島教会は1928(昭和3)年に中四国地方におけるルーテル教会としては、下関に次いで伝道所が開設され、2028年には宣教100年を迎えます。太平洋戦争に伴い牧師が徴用されたため1941(昭和16)年に一旦閉鎖され、1945(昭和20)年 8月6日の原爆で残されていた牧師家族の命をはじめ全てが焼失してしまいました。
戦後、ようやく1951(昭和26)年に米オーガスタナ・ミッション(スウェーデン系)の強力な援助のもとに宣教活動を 再開。以降は、ルーテル教会の中四国地区の拠点教会としての役割を担い続けています。
宣教活動に加え社会福祉活動も活発で、1953(昭和28)年には宇品にあった宣教師館の隣に谷の百合幼稚園を開設。1960(昭和35)年に現在の鶴見町にようやく礼拝堂が完成すると、その一角でルーテル保育所の働きも始まりました。
更に1964(昭和39)年にはボーイスカウト広島8団が結成され、ルーテル広島教会から誕生した3つの宣教共同体 (幼稚園・保育所・ボーイスカウト)として、それぞれ現在に至っています。

教義

旧新約聖書が信仰と行為の唯一明確なる規範たることを主張し、信条として使徒信条ニケア信条アタナシウス信条アウグスブルク信仰告白、同弁証論、大・小教理問答、シュマルカルド信条、和協信条を採用します。

ルーテル教会は信仰の本質において一致すれば、その他の礼拝形式や教会制度・組織の一致を必ずしも求めませんが、礼拝における信仰生活の育成と、そこにおける神のみ言葉の重要性を強調するために一定の礼拝式を共用します。 また、信仰教育を重んじ、特に小教理問答を通して信仰と生活の訓練を図ることを伝統的に受け継いでいます。


日本福音ルーテル広島教会 ロケーションと施設の紹介

広島市の中央を東西にむすぶ平和大通り。100m道路と呼ばれ、広島市民に親しまれています。平和大通りの東側の鶴見町にルーテル教会は位置しています。

比治山に向かって右側にルーテル教会は位置します。この大きな看板が目印です。

1996(平成8)年には現在の10階建てのルーテル平和大通りビルが完成し、2階に保育所、3~4階に教会及び牧師館が 置かれ、5階からはテナントビルとして利用頂いています。

礼拝堂の祭壇中央にはアーティスト・望月通陽のブロンズの十字架が掲げてあり、近代的な建築デザインが特徴です。両側の壁面にはラテン語で書かれた聖書の言葉のタペストリーが皆さんを迎えます。結婚式やコンサートにも活用されています。

クリスマスは、教会員だけでなく一般の方々のどなたでもご参加していただけます。素敵な音楽とともにクリスマスの日をお祝いしています。

十字架とキリストが一体で表現されている礼拝堂のシンボルでもある十字架像。柔らかい曲線によって表現される十字架像は、礼拝堂の中にキリストの愛と恵みを無言のうちに表現しています。

平和大通り側にある教会の階段を上ってくると左手壁面にあるのが、子羊を背負うキリストの像です。都会でさまよう一匹の子羊を探して、良き牧者であるキリストは今日も私たちを招いてくれています。

礼拝堂への扉の取っ手には羊の頭部があしらわれています。教会はキリストの羊の群れです。どうぞあなたもこの扉を開いてお入り下さい。お待ちしております。

教会3階のエントランスにも望月通陽のブロンズ像がオブジェとして飾られています。

教会3階のエントランスには、礼拝の知らせを告げる大きなベルが設置されています。日曜日の朝には鐘の音が町中に響き渡ります。

教会3階のエントランスには 「被爆者が描いた原爆の絵・第四号碑」が飾られています。1945(昭和20)年8月6日旧制広島一中三年生(14歳)約70名が、学徒動員で建物疎開作業の直前に、被爆した時の様子を表したものです。 

教会3階の玄関ロビー。礼拝に来られた方々を温かくお迎えします。 

礼拝堂横のある集会室。礼拝後、教会員の皆さんでランチタイムや地域コミュニティーの活動にも活用されています。

教会の玄関ロビーから礼拝堂の様子をgoogle インドアビューでご覧頂けます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Copyright (c) Lutheran Hiroshima Church. All Rights Reserved.